しわを取る

口元のシワ対策

口元にできるシワを解消するために、様々なスキンケアを試している人は少なくありません。

 

シワが口元にあるとないとでは、見た目の印象が全く違います。シワがあるほうが、断然年老いて見えるのです。

 

口元にシワが深く刻まれる要因は、皮膚の弾力がなくなっているためです。皮膚は筋肉につながって体と一体化していますが、口の周りにある口輪筋という筋肉が加齢などで弱まると、皮膚の位置を留めておきづらくなります。

 

口の周りにある口輪筋が減ると、顔の表情をつくっている表情筋も弱くなり、表情が変わりにくくなったり、たるみがますますひどくなったりします。シワができる上、表情があまり変わらなくなると、ますます年をとった印象になってしまうので、気をつけましょう。

 

もしも口元のシワを減らしたいならば、口輪筋を鍛えるエクササイズをしましょう。口輪筋の運動をする時には、背を伸ばした姿勢で、鏡の前に立ちます。口からちょっと舌を出して、時計回りに円を描くようにして回します。

 

口輪筋の動きを確認しながら、50回回してください。いきなり50回の回転は難しいかもしれませんが、数を減らしてスタートし、徐々に回す数を多くしていってもいいでしょう。

 

口輪筋を使う運動を心がけながら、時計回りに50回、反時計回りに50回、舌を回してください。右、左と50回ずつを1セットにして、1日2セット、どの時間でもいいから実践します。可能な限り毎日続けることが、口元のシワ解消に有効です。